pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「そしてふたりでワルツを 二話」 は 「漫画」「オリジナル漫画」 等のタグがつけられた作品です。

オリジナル小説(http://ophjkm.at-ninja.jp/)を漫画化し...

あっきコタロウ

そしてふたりでワルツを 二話

あっきコタロウ

2018年6月4日 21:13
オリジナル小説(http://ophjkm.at-ninja.jp/)を漫画化してみます。第二話です。一話→illust/67871318更新のんびり(数ヶ月に一話程度)ですがお付き合いくださると嬉しいです。(次回更新予定:2018年内を目標に)小説版は完結済。***あらすじ*** どこか遠く遠...続きを見る
オリジナル小説(http://ophjkm.at-ninja.jp/)を漫画化してみます。第二話です。

一話→illust/67871318

更新のんびり(数ヶ月に一話程度)ですがお付き合いくださると嬉しいです。
(次回更新予定:2018年内を目標に)

小説版は完結済。

***あらすじ***

 どこか遠く遠く。オフィーリアという国がありました。
 今日はお城で舞踏会。きらきらいっぱいの中、ふわふわドレスで歩くのは、とある貴族のお嬢さん。鼻の頭にさっき食べたデザートのホイップクリームがついてしまっています。

「どうしてずっと甘い匂いがするのかなぁ?」
 お嬢さんは鼻のホイップに気がつかないまま会場をふらふら。しばらくして、不思議なお洋服を着た人を見つけました。

「ねぇねぇ、それなぁに?」
「ガスマスクと防護服だよ」

 それが、鼻ホイップ少女と仮面舞踏会にガスマスクで来る男との、出会いでした。
***
 ここからはじまる、ジャンルが迷子の混沌系群像劇!
 シリアス、恋愛、コメディ、ときには狂気!
 登場人物全員おかしい。だけど中身は王道エンターテインメント!閉じる