pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"【PFLS】その背を護るもの", is tagged with 「PFLS人物名鑑」「【Träumerei】」 and others.

―――酷く多くの物を背負いすぎた背中をみつめる。過去、仲間、そして忠誠を誓った国...

よるかげ*ティア ね-22b

【PFLS】その背を護るもの

―――酷く多くの物を背負いすぎた背中をみつめる。過去、仲間、そして忠誠を誓った国。それだけ多くの物を背負いすぎた背中は、酷く寂しく、脆く見えた。それでも貴方は剣を捧げ、護ろうとするのか。ならば俺はその背中を護ろう。―――貴方が迷わず、まっすぐに、護る者のために剣を振えるために。 「だからお前は危...Keep reading

―――酷く多くの物を背負いすぎた背中をみつめる。
過去、仲間、そして忠誠を誓った国。
それだけ多くの物を背負いすぎた背中は、酷く寂しく、脆く見えた。
それでも貴方は剣を捧げ、護ろうとするのか。

ならば俺はその背中を護ろう。
―――貴方が迷わず、まっすぐに、護る者のために剣を振えるために。 



「だからお前は危ないというんだ。背中は俺が護ってやる。
                     ―――存分に戦え。団長」

「がら空きだぞ。一瞬の隙は戦場では命取りになる。よく覚えておけ」
「胃が痛い…なんでお前らはそんな怪我ばかりを増やして帰ってくるんだよ…」
「各自!戦闘配置につけ!いいか、必ず生きて帰ってこい」

「この双鍵に誓おう。貴方を最後の時まで護り抜くと。」


■ヘイス(heisu)   補足【】
男性/185cm/年齢:28歳 
一人称:「俺」二人称:「呼び捨て、お前」  

代々ノーザリア帝国にある騎士団のうちの1つであり、「扉」と「鍵」を媒介とし鍵を使って戦う兵団、
ポルタクレイス聖鍵団【illust/72939060】の副団長。

俊敏力に長けており、スピードを生かした戦闘を行う。「蒼炎を纏う戦場の獣」として名前が知られている。戦闘の場所によって目の色がかわり、通常時はオレンジだが、能力が増すごとに色が変わる。

魔道はそれなりに、剣術は団長の次に強く、副団長として団員の剣術の指導なども行っている。総合的な戦力は団長より下だが、瞬発的な戦闘を行う際には団長より長けている。

基本的には冷静な表情を崩さず、戦闘に私情は持ち込まない。ある1点の存在を除いては。冷静に戦況の把握し、団員に的確な指示を出せるため、指揮官としても優秀。
ただ団員がよく無茶をし怪我して帰ってくるため、胃が痛いと胃薬を常備している。胃薬の人。

鍵は双剣へと変化する。
能力は燃えているような感覚に陥らせるほどの蒼炎を放つ。(氷の炎的なもの)
環境により、その地の力を剣に吸収させ、自分の力にへと変えることが出来る。



--------------------------------------

誰か助けて、と声が漏れそうになった。
あたり一帯は隣国との戦争で戦火につつまれ、誰もが死に絶え、
自分は何も成せずここで死ぬのか ああ、いやだな。死ぬのなら誰かを護って死にたかった。
そう思った瞬間だった。

声が聞こえた。
それはまばゆい光にも見えた。鍵を持った兵士、
時計のような針の剣を携えた彼は俺に手を差し伸べた。
その手を握った瞬間、涙があふれそうになった。 

名前もなく、身寄りもない俺をその人は自分のギルドに置いてくれた。

「そうかぁ、君に名前をつけてあげないとね‥
    よし、君の名前は”ヘイス”だ。今日から君もこの兵団の仲間になる。 」

--------------------------------------



◆・団長 ルーヴィス 【illust/73134870

決戦!!!副団長ですよろしくお願いいたします!

◆エンカや既知関係、ライバルなどお気軽にどうぞ!
※死亡描写などはNGです。ご了承ください。

エイデン様死なないで!!!!
pixivファンタジアLast Saga
illust/72934234

・最終章はレッドヴァルの戦いにも王無き国の戦いにも出現します(扉の力で)Close
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.