ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「陰の色研究まとめ」 は 「色」「陰の色」 等のタグがつけられた作品です。

■前回からの流れ ■もういいよこれで…。どんな本見ても載ってないとか、研究されて...

ねてたひと

陰の色研究まとめ

ねてたひと

2009年12月23日 15:16
■前回からの流れ ■もういいよこれで…。どんな本見ても載ってないとか、研究されてないんだろうか。ふと思ったが、ゲームCGの色が気持ち悪く見えるのって陰+影の色をちゃんと処理してないからじゃね? ■今回は色相以外の話でした。 色相の話はさらに面倒くさい。 ■「陰の色」からずれるけど、視感度曲線とか...続きを見る
■前回からの流れ ■もういいよこれで…。どんな本見ても載ってないとか、研究されてないんだろうか。ふと思ったが、ゲームCGの色が気持ち悪く見えるのって陰+影の色をちゃんと処理してないからじゃね? ■今回は色相以外の話でした。 色相の話はさらに面倒くさい。 ■「陰の色」からずれるけど、視感度曲線とかプルキン現象の話は覚えておくと便利かも知れない。 「明所では赤が強く見え、暗所では青が強く見える」という話です。 たまに絵師が暗いところを描く場合に全体的に青緑っぽくしてるのはそのため。 ■あと、ベゾルト-ブリュッケ現象も覚えておくと便利かも。 明るさが増すと、黄緑・オレンジ→黄色、青緑・青紫→青に移動。明るさが低下すると、赤紫・オレンジ→赤、黄緑と青緑→緑に移動。 不変色:赤、青、黄、緑。 ■ただしこの二つを合わせて考えると色々訳分からなくなるので注意です。 ★「俺の感覚と違う!」などのツッコミ歓迎 ○追記:HSVの線の一番上の点が少し左へずれてるようです。もう少し右へずれます。逆にHLSの方はほんの少しカーブが急になるようです。 右下の図が微妙に彩度が高くなってるのはそのため。 ■それにしてもあまりに微妙すぎますね。 方針だけ参考にして、最後は自分の目で微調整した方が良いかも?  ★★★ 2010/08/27 新しい情報を得ましたので近々まとめようと思います。もうちょい詳細になりそう ★★★閉じる