ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「ゴブリンキング」 は 「ピクファンゴブリン」「百竜王の角笛」 等のタグがつけられた作品です。

「のうアクバー…何時までシルマリア姐様はお忙しいのじゃ?早くお会いしたいのに…」...

安

ゴブリンキング

2010年2月21日 04:08
「のうアクバー…何時までシルマリア姐様はお忙しいのじゃ?早くお会いしたいのに…」先代の早世により幼くして王となったゴブリンの子~どうでもいい話~グランドリカ[illust/8688850]で紹介されたようにゴブリン族は部族単位でコミュニティを形成しますその数は推定500以上、そこから更に他部族・...続きを見る
「のうアクバー…何時までシルマリア姐様はお忙しいのじゃ?早くお会いしたいのに…」
先代の早世により幼くして王となったゴブリンの子

~どうでもいい話~
グランドリカ[illust/8688850]で紹介されたようにゴブリン族は部族単位でコミュニティを形成します
その数は推定500以上、そこから更に他部族・種族と交流が可能になると社会ゴブリンと呼ばれます
その中には「王」や「国」を名乗るものもおりアルトラント大陸内には数十のゴブリン国家が点在し
長い年月の間、統一国家を持たず小国家が合併と分裂を繰り返しています
その為ゴブリン族では「王」という存在は「尊い」「由緒正しい」「国の象徴」的なものではなく
「力を誇示する記号」という認識の方が強いのです

彼の場合、黒の平原から北方民族区に点在する21の部族をまとめるゴブリン国の王様です
位置的な関係からアルトラントの衛星国として共存しており、先代がなくなった時も
社会的な混乱を起こさぬよう世襲で王の座を引き継ぎアルトラントの庇護のもと平穏な日々を暮らしていました

…という妄想じゃったんだよ
キャラシっぽく描いたけど、ショタゴブリンが描きたかっただけなんで特に動かす予定はない閉じる