フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「【金星号】想石(そうせき)の街【停車駅】」 は 「【金星号】」「【金星号】停車駅」 等のタグがつけられた作品です。

 金星号を降りるとそこには煉瓦造りの建物が立ち並ぶ風景が広がっていた。街には宝石...

トビ

【金星号】想石(そうせき)の街【停車駅】

トビ

2010年3月29日 22:45
 金星号を降りるとそこには煉瓦造りの建物が立ち並ぶ風景が広がっていた。街には宝石を扱う店や装飾品の細工屋、それに質屋が多く並んでいる。石畳の道を軽快に靴でコツコツと鳴らしながらしばらく歩いていると開けた円形の広場に出た。広場からは放射状に街並みが広がっており、そこが街の中心なのだと直感的に分かる...続きを見る
 金星号を降りるとそこには煉瓦造りの建物が立ち並ぶ風景が広がっていた。
街には宝石を扱う店や装飾品の細工屋、それに質屋が多く並んでいる。
石畳の道を軽快に靴でコツコツと鳴らしながらしばらく歩いていると開けた円形の広場に出た。
広場からは放射状に街並みが広がっており、そこが街の中心なのだと直感的に分かる。
その広場の更に中心、一際目を引く大きな噴水があった。【石創(いしうみ)の泉】だ。
この街を訪れた人々は皆一様にそこへ向っているようだった。
もちろん私もそのうちの一人なのだが。

 この街には不思議な言い伝えが残っている。
【石創の泉】の水を両の手に汲み取り、想いを込めると、柔らかな光とともに
一人に一つだけ『その人だけの石』が生まれる、というものだ。
街の人に聞いた話によれば、生まれる石は宝石であったり、原石であったり、
はたまた未知の鉱石である場合もあるらしい。
また大きさも形も様々で誰にどんな石が生まれるかは予測がつかないそうだ。
ただその石というのは【その人を象徴する石】か【その人に必要な石】である事が多いらしい。
単純に言えば情熱的な人には赤い石が、心安らかな人には緑の石が、といった具合だ。
まぁそこまで単純ではないらしいが。

 さて、私にはどんな石が生まれるのだろうか・・・。

                   【ある旅人の手記より】

==================================================

■ということで、素敵な企画(illust/8954735)を紹介してもらったので参加させていただきます!
おそらく投げっぱなしになるかと思いますが。

■期限は6月30日の23:59までとさせていただきます!
■まぁ要するに桃鉄のカードもらえる駅的な感じで無条件に石をもらえる駅です。
 手に入れた石は街の細工職人さんに加工してもらうもよし、交流のある方だとか
 大事な方への贈り物にするもよし、売ってしまうもよしw
 何かの交流の足がかりにでもなれば幸いです。閉じる

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。