ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「「あたしがまた無限の数だけ、死んで良いって言うの?!」」 は 「ジエンド」「Z‐END」 等のタグがつけられた作品です。

シームヴィクト (Seam:ひびが切れる) ヴィクトがノッカーズ能力を手に入れた...

リューガ

「あたしがまた無限の数だけ、死んで良いって言うの?!」

リューガ

2010年4月11日 06:19
シームヴィクト (Seam:ひびが切れる) ヴィクトがノッカーズ能力を手に入れたのは、ノッカーズ犯罪への怒りが切っ掛けである。 つまり,パラレルワールドの彼女も同じ状況で力を手にした可能性が有る。 ならば、もう一度量子変動を呼び込めばパラレルワールドのヴィクトの記憶が手に入るかもしれない。 そう...続きを見る
シームヴィクト (Seam:ひびが切れる) ヴィクトがノッカーズ能力を手に入れたのは、ノッカーズ犯罪への怒りが切っ掛けである。 つまり,パラレルワールドの彼女も同じ状況で力を手にした可能性が有る。 ならば、もう一度量子変動を呼び込めばパラレルワールドのヴィクトの記憶が手に入るかもしれない。 そう考えたスポンサー研究機関の「第2次オルタレーションバースト実験」の被験者となる。 その結果、能力のパワーアップと無数の自分が死ぬまでの記憶を手に入れる。 そのショックで能力が暴走したため、ジエンドの暴走を食い止めた教訓からブースター30体分のデミアジュウムを体に注入された。 ヴィクトのパワードスーツも取り込み、異形の復讐姫・シームヴィクとは誕生した。  彼女は自分をしに追いやった無限の脅威に復讐するため、自由に動ける組織を求めてマジン団に入った。閉じる
ジャパコミ2010年7月31日 18:02お約束よりだいぶ遅れましたが、マガスペ登場記念に描かせていただきました! 体中にある緑の光球が実にいいアクセントですね!