pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「須臾を編む」 は「織田作(文豪ストレイドッグス)」「太宰治(文豪ストレイドッグス)」等のタグがつけられた作品です。

しゅゆをあむ、と読みます。須臾とは、「ごく僅かな時間」と「しばらくの間」の双方の...

おさむ屋さん(葉琉)

須臾を編む

おさむ屋さん(葉琉)

2018年9月23日 00:01
しゅゆをあむ、と読みます。
須臾とは、「ごく僅かな時間」と「しばらくの間」の双方の意味を併せ持つ言葉です。不思議ですね。

このお話は、さんこいちの「いつもの夜の取るに足らない会話」をイメージしました。
恋愛要素はありません。

いつか「今」を恋しく想う日が来て、「今」の価値に気が付いたとしても、それはもう手遅れでしかないと思います。
手遅れになってしまったときに出来ることは、後悔と、懺悔と、「それから」を大切にすることしかありません。二度と取り戻せはしない須臾の亡骸を、糧とするか足枷とするかは人それぞれ。

歩み続けられることは強さですが、ほんの少し足を止めて、「今」を見つめてみるのも一興とは思いませんか。
  • 閲覧数303
  • いいね!14

投稿した作品