pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「例大祭新刊、『追憶は写真とともに』サンプル」 は「射命丸文」「例大祭9」等のタグがつけられた作品です。

お久しぶりです。生きておりました。そして突然例大祭で出す新刊のお知らせです。◆5...

図隅祐華

例大祭新刊、『追憶は写真とともに』サンプル

図隅祐華

2012年5月22日 00:04
お久しぶりです。生きておりました。そして突然例大祭で出す新刊のお知らせです。◆5/27の第九回博麗神社例大祭にて小説の新刊引っさげて参ります。タイトル『追憶は写真とともに』です! ◆今回のテーマは『はたてちゃんの昔話』。射命丸文。犬走椛。そしてこの話【novel/248750】にちょこっと出ていた椛の後輩にあたるオリジナルキャラ、白狼天狗の「柊」の三人(と+α)が、何故姫海棠はたてが念写新聞を始めたのか。そして引き籠るようになったのかに迫ります。少しずつ明らかになり見えてくるはたての過去。そしてそれに連られるように見えてくる文の不可解な行動とは? 二人の関係を見守る椛を見て、柊は何を思い、そしてどう動くのか…… と言う感じのお話です。◆カバーイラスト・挿絵は竜氏【user/612224】に描いていただきました。表情豊かなはたてちゃんに惚れ惚れしてください。◆で。ごめんなさい。少し謝らなければならないのですが今回本になった話だけでは、今回のテーマを全部語る事が出来ませんでした。故に、新刊にペーパーを付けて、そのペーパーに新刊の内容から数日後に当たる「後日談」が掲載されたページのアドレスを載せておきたいと思います。一重に私の実力不足でございますが、なにとぞ興味を持たれた方はお手に取っていただけると幸いでございます。◆文庫本サイズ、ページ数:104ページ 頒布値段:700円となっております。◆何事もなければ例大祭当日、『そ-52b ぐりーんてらす』にてお手伝いとして座っておりますので、声かけてやってくださいまし。ただ一般入場なのでしばらくはおりません故、ご了承ください。
  • 閲覧数1151
  • いいね!3

投稿した作品