ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「「今日も 海辺で バスを待つ【2】 第一話(後編)」」 は「小説」「オリジナル」等のタグがつけられた作品です。

■前回アップしました「今日も 海辺で バスを待つ 第一話(序文)」novel/1...

つむぎゆう@懐中天幕

「今日も 海辺で バスを待つ【2】 第一話(後編)」

つむぎゆう@懐中天幕

2012年10月9日 18:11
■前回アップしました「今日も 海辺で バスを待つ 第一話(序文)」novel/1342213 の続編です。
すみません、前回のキャプションで「完成したらこのテキストファイルに継ぎ足します」とか書いていたのですが、いろいろ考えて独立して掲載していくことにいたしました。
ちょっと間が空いてしまったのと、前回分がごく短めな序文なので、もしもよろしければ前回分 novel/1342213 から続けてご覧になっていただけると幸いです。
 次回第二話からは、一区切りまで書き終わってから掲載いたします。

■海辺のあまりなにもない田舎町の学校近くのバス停で、女子中学生たちが喋ったり笑ったり凹んだり励ましたりしつつバスを待つお話です。短編連作ですが、えのでん小町 series.php?id=73803 シリーズがその話ごとにキャラが異なるのと違って、メインの少女たちは同一で物語が進んでいきます。
  • 閲覧数1233
  • いいね!20

投稿した作品