ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「哲学についてのあれこれ9――目覚めにおける夢と現実の落差」 は「夢」「エッセイ」等のタグがつけられた作品です。

◆夢からの目覚め。現実であったものが遠のいてゆく。何かを夢に置き忘れてしまったよ...

響き

哲学についてのあれこれ9――目覚めにおける夢と現実の落差

響き

2012年10月14日 22:10
◆夢からの目覚め。現実であったものが遠のいてゆく。何かを夢に置き忘れてしまったような気さえする。夢とはいったい何なのか。◆夢について。目覚めの瞬間を中心にして考察してみました。◆今回も長くなってしまいました。分割することも考えたのですが、今回ばかりはどうしても「ひとつの作品」として投稿したいと思い、そのままの長さにすることにいたしました。
  • 閲覧数876
  • いいね!3

投稿した作品