pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「時間交差 1.5」 は「ファンタジー」「オリジナル」等のタグがつけられた作品です。

 『魔導士』が、世界に姿を現さなくなって五百年余り──。かつての『魔導士』と『人...

乙葉蒼

時間交差 1.5

乙葉蒼

2014年1月25日 14:25
 『魔導士』が、世界に姿を現さなくなって五百年余り──。かつての『魔導士』と『人間』の争いは、遠い昔のお伽話と化した。しかしその爪痕は、現在も深く傷を残している。
 『魔導士』たちは、己の魔力を効率よく使う為に『魔術式陣』を編み出し、それを道具へと発展させた。その最たる技術の『人形』、その中で特に戦闘特化した『戦雛』は、長い時間の間で腐変し、『魔獣』となって『人間』を襲い続けている。
 一方で『人間』は、『魔導士』の残した道具、通称『遺産』を研究し、それを模した『魔導具』を作り上げて、生活に役立てていた。

 遺したもの、残されたもの。世界は、その全てを内包し、時は進んでいく。

 * * * *

 失われた魔導術式を操る少女、リアルの手によって、魔導士カーラナの『人形』テトラは目覚めた。
 カーラナにもう一度逢いたいという願いの元、リアルと旅を共にするテトラは、ある街で偶然、リアルの後見人ジィーニークと出会う。
 その彼に、自分が『人形』であることが見破られてしまい──

 * * * *

 時間交差1(novel/739322)の続編です。
 時間交差2は(novel/2653225)こちらからどうぞ。

 COMITIA107にて、時間交差1と1.5を収録した、一巻と、時間交差2をまとめた二巻を発行してます。
 それぞれに番外編のコピー本が付属してますので、興味を持って下さった方は、お気軽にお立ち寄り頂ければ幸いです。
 部活動「文芸めぐり」にも参加していますので、宜しくお願いします。
 
 
 
  • 閲覧数309
  • いいね!0

投稿した作品