ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「#006 終末ヒロイン ももクロウ:第五楽章」 は「ファンタジー」「momoclo」等のタグがつけられた作品です。

╋――――――――――――――――――――……┃■第五楽章:労働参加╋―――――...

和田馨

#006 終末ヒロイン ももクロウ:第五楽章

和田馨

2014年9月5日 12:36
╋――――――――――――――――――――……
┃■第五楽章:労働参加
╋――――――――――――――――――――……

ももクロウ一行は広大な遮有土の森(シャーウッドノモリ)を踏破中、鬼族の強襲を受け大ピンチに陥ってしまう。

主力兵装として剣しか保有していないももクロウ一行に対し、弓矢で武装している鬼族のレンジ外からの攻撃が容赦なく続いていた。

「この森を抜けて白光音峠(ハッコウネトウゲ)まで到達出来れば、峠の守備隊が駐留しているはず」

そう確信し先を急ぐももクロウ一行だったが…。

非情にも、すでに峠の駐屯地には組織的な軍隊は存在せず、白ネコの班長とキジの女の子の二名しか残っていなかった。

まだその事実を知らぬももクロウ一行は、必死の思いで一路白光音峠を目指すのだった――――。

╋――――――――――――――――――――……
┃■「第五楽章:労働参加」テキストコメンタリー
╋――――――――――――――――――――……

国立ライブのオーディオコメンタリーを聞いたところ、想像以上に面白かったのですよ。

2日目のオーディオコメンタリーで、メンバーがわいわい話しているのももちろん楽しかったです。

ですが、それ以上に初日のオーディオコメンタリーは意義深いものでしたね…。

我々はついつい演者であるももクロメンバーにのみ関心を寄せてしまいますよね?

でも彼女たちのライブを成功させるため、多くの大人たちが、それこそ一心不乱に打ち込んでる姿は感動的ですよ、やっぱり。

オイラはスタッフのオーディオコメンタリーを聞き終えた後、これまでとは比較にならないくらい、彼らに対する感謝の念を抱きました。

スタッフの皆さん、いつもももクロちゃんたちを支えてくださって、本当にありがとうございます!

そしてどうかこれからも彼女たちに力を貸してあげてください。

さて、すこし話がそれてしまいましたが、テキストコメンタリーを書こうと思い立ちました。

本当は読者の皆さんがすべてを行間から読み取って頂ければ、こうした筆者によるコメンタリーは不要なのだと思います。

しかし、いかんせんオイラは素人なのです。

きっと伝えたかったのに全く伝わっていないという事態もあちらこちらで発生していることでしょう。

お見苦しいとは思いますが、すこしの間お付き合いください。

よろしくお願いいたします。
  • 閲覧数538
  • いいね!2

投稿した作品