フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「#009 終末ヒロイン ももクロウ:第八楽章」 は「ももいろクローバーZ」「童話」等のタグがつけられた作品です。

╋――――――――――――――――――――……┃■第八楽章:ORGANIC CH...

和田馨

#009 終末ヒロイン ももクロウ:第八楽章

和田馨

2014年9月26日 11:13
╋――――――――――――――――――――……
┃■第八楽章:ORGANIC CHERRY
╋――――――――――――――――――――……

破魔待城を目指しているももクロウ一行は、ようやくその目前の逆川宿(サカガワジュク)に到達していた。

つかの間の休息を楽しむため、逆川城近くの農園でさくらんぼ狩りを堪能するももクロウ一行であったが、またしても事件が発生する。

その農園の子供たちが夜になっても戻らないというのだ。

そこで農場の子供たちの捜索が開始された。

ようやく子供たちを発見するも、増水した川の水が濁流となって行く手を阻む。

そして水勢に押され、コンテナほどもある巨大な岩が子供たちに向かって沢を転がり落ちてくる。

このままのコースならば子供たちへの直撃は避けられない!

誰もが救出を諦めたその時、超高速で飛翔するピンク色の物体が捜索隊を追い越した。

その正体は、農園で下働きをしているロボットの少女であった。

巨大な岩は自ら壁となったロボット少女の背中にぶち当たった後、背中を乗り越えて十メートル程向こうへはじけ飛んだ。

次の瞬間、ロボット少女は膝からガクンと崩れ落ち、沢に向かって前のめりに倒れ込んでいった。

そしてゆっくりと眼を閉じて沢の流れに身を委ねると、そのまま静かに生命活動を停止した――――。

╋――――――――――――――――――――……
┃■「第八楽章:ORGANIC CHERRY」テキストコメンタリー
╋――――――――――――――――――――……

国立ライブのオーディオコメンタリーを聞いたところ、想像以上に面白かったのですよ。

2日目のオーディオコメンタリーで、メンバーがわいわい話しているのももちろん楽しかったです。

ですが、それ以上に初日のオーディオコメンタリーは意義深いものでしたね…。

我々はついつい演者であるももクロメンバーにのみ関心を寄せてしまいますよね?

でも彼女たちのライブを成功させるため、多くの大人たちが、それこそ一心不乱に打ち込んでる姿は感動的ですよ、やっぱり。

オイラはスタッフのオーディオコメンタリーを聞き終えた後、これまでとは比較にならないくらい、彼らに対する感謝の念を抱きました。

スタッフの皆さん、いつもももクロちゃんたちを支えてくださって、本当にありがとうございます!

そしてどうかこれからも彼女たちに力を貸してあげてください。

さて、すこし話がそれてしまいましたが、テキストコメンタリーを書こうと思い立ちました。

本当は読者の皆さんがすべてを行間から読み取って頂ければ、こうした筆者によるコメンタリーは不要なのだと思います。

しかし、いかんせんオイラは素人なのです。

きっと伝えたかったのに全く伝わっていないという事態もあちらこちらで発生していることでしょう。

お見苦しいとは思いますが、すこしの間お付き合いください。

よろしくお願いいたします。
  • 閲覧数525
  • いいね!4

投稿した作品

 

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。