pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"レインボーライジング ユッカ篇02-06(13)", is tagged with「オリジナル」「オリジナル小説」and others.

「……あっ、すみません。でもあの時のことはどうしても…… まあ、これについては今...

F69上田のぴくしぶ

レインボーライジング ユッカ篇02-06(13)

F69上田のぴくしぶ

12/14/2014 18:33
「……あっ、すみません。でもあの時のことはどうしても……
 まあ、これについては今回のシリーズが終わってから……って何時になったら第2章の承前を語りだすんですか上田さん! もう一年もほったらかしじゃないですか!」
「落ち着いて、美佳!」
「黙っていられません! あんな不真面目な人は(もごっ)(ふがっ)」
「ああ、美佳が怒りだしちゃった……どうしよう、何を話そうかしら……もうっ、落ち着いて美佳!」

(そこから3分間、ユッカは美佳をなだめようとした。危うく大暴れされそうになったものの、「今度プラーターに連れて行ってあげるから!」と言ったのが効を成して運よく落ち着きはした。しかし、美佳はまだ腑に落ちない顔をしていたが)

「ああ、危うく上田が死ぬところだったわ、このシリーズが完結する前に……それじゃ、今回は私の武器のことでも話してみようかな?
 前の話で私が出したあれ……そう、あのツヴァイハンダー! ディークからあれを出したと聞かされた時、どうしてと思ったんだけど、これはすんなりと思い出せたわ。『うた皇!』よ、『うた皇!』のあの子。何度もコスプレしたいと思ったけど、まさかこうなってしまうなんてね……」