フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「「俺に、あたしにできること」【アイマス二次(20話ネタバレ有)】」 は「二次創作」「アイドルマスター」等のタグがつけられた作品です。

千早「今回は、私が部屋に閉じこもっていた間の話のようね」真「そうだよ!もうプロデ...

つむぎ日向(@でんき部)

「俺に、あたしにできること」【アイマス二次(20話ネタバレ有)】

つむぎ日向(@でんき部)

2011年12月2日 23:41
千早「今回は、私が部屋に閉じこもっていた間の話のようね」
真「そうだよ!もうプロデューサーもボクたちも、くたくたになるまで頑張ってたんだから!」
千早「そうよね……本当にごめんなさい」
雪歩「もういいんだよ、千早ちゃん!」
「そうだぞ!それに、千早が戻ってきてくれて自分たちも嬉しいから、なんくるないさー!」
千早「みんな……ありがとう……」
伊織「それよりもこの話に出てくる作曲家って、いったい誰のことなのかしら?」
やよい「それは、あくまで架空の設定だから、深く考えてはダメだって、プロデューサーが言ってましたよ!」
亜美「なんだか投げやりだね~」
真美「でも、書きたかったんだから仕方ないよ!」
律子「それよりも、本編はシリアスなのに、ここでこんなにふざけていいのかしら?」
美希「う~んと、ミキは別にいいと思うな。楽しい方がみんなも楽しいの!」
貴音「美希の言う通りですよ、律子嬢。わたくしたちが楽しまなければ、皆も楽しめないというものです」
あずさ「あらあら。みなさん、なんだかもう時間のようですよ」
高木社長「では、以上が今回出番のない765プロアイドルたちからのメッセージだ」
黒井「ウィ、この私に出番がないのは納得できないが、コメントやアンケートへは回答していくように!点数も必ずつけるのだぞ!いいな!」
  • 閲覧数2227
  • いいね!6

投稿した作品

 

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。