ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「操重王ドジャイデン」 は「スカート」「ブラックユーモア」等のタグがつけられた作品です。

●同人誌として、冊子でも発売しています。このpixivのBOOTHで購入可能。●...

長野 郁

操重王ドジャイデン

長野 郁

2016年9月2日 14:01
●同人誌として、冊子でも発売しています。このpixivのBOOTHで購入可能。

●「小説家になろう」にも掲載。

あらすじ

澄也たちの中学に赴任した禅昌寺先生は自ら国家エージェント「殺人教育者Z」と名乗り、国家的プロジェクト「学校殺人計画」が、東京直下の大深度地下上部マントル内に建設された秘密官庁「殺人文部科学省」によって企画されているとクラスに宣告。クラスの落ちこぼれで、万事において無能なデブのくそぶたを殺害した。二週間後、殺したはずのくそぶたを伴って再び澄也たちの前に現れた禅昌寺先生は、くそぶたは一旦死んでから、一種のクローニング技術によって生き返らされたと言い、それに伴って潜在的な才能を付与されたと宣言する。澄也たちはその隠された才能に興味を持ち、これを引き出そうとするが、くそぶたは依然として無能であり続けた。無能なくそぶたの謙虚と紙一重の卑屈な態度に苛立ったクラスメイトの掛川は、くそぶたに暴行を働いて失明させてしまう。くそぶたは盲学校に転校し、そこで、かつてのその学校の教師が興味を持っていた琵琶楽と出会ってこれを身に着け、その演奏はウェブ動画で人気を博す。実は、くそぶたは、クローニングの際、五感の一つを失うと才能が発現するようにプログラムされていた。このくそぶたの人気を利用して、殺人文部科学省は、彼を学校殺人計画のアイドルに仕立て上げようと決定する。そして首相と殺人文部科学省は、「被験者を殺害し、クローン化して、有能化する」という、この一連の流れこそが「人間改良計画」であると暴露し、くそぶたがその被験体であることをマスコミを通じて公表。この計画そのものについても公にし、今後、次々と殺人教育者を養成して、同様の行為を、順次、各学校で実行していくと宣言した。そして禅昌寺をも公開処刑して、これも計画のヒーローに祭り上げる。しかし禅昌寺は、自分のクローン体である善光寺に密かに後を託していた。禅昌寺の後を受けて澄也たちの前に赴任した善光寺は、澄也たちに対して、彼らの学校の地下に、禅昌寺が、最初から密かに建造していた二体の地底潜航用巨大ロボット・ドジャイデンが隠されていることを明かし、澄也たちに対してドジャイデンを用いて殺人文部科学省を破壊するように教唆した。澄也たちは善光寺の扇動に乗ってこれを実行、浅間山火口を通じて東京直下の殺人文部科学省を強襲する…!

学園巨大ロボットギャグラブコメディブラックユーモア戦記ロマン巨編。
  • 閲覧数193
  • いいね!0

投稿した作品