フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「135話 パルミジャーノ・レッジャーノ」 は「オリジナル」「純文学」等のタグがつけられた作品です。

字数制限666文字で、無謀にも純文学へ挑戦。666文字怪談の可能性と限界に挑みま...

白兎ポラコ

135話 パルミジャーノ・レッジャーノ

白兎ポラコ

2017年2月11日 03:19
字数制限666文字で、無謀にも純文学へ挑戦。666文字怪談の可能性と限界に挑みます……(´・ω・`)
ちなみにパルミジャーノ・レッジャーノは、パスタの仕上げに加えるだけで料理の味が格段に増すことから、イタリアでは「台所のハズバンド(夫)」と呼ばれている代表的なチーズです🍝

TMD氏主催の「666文字百物語コンテスト」➡novel/7558997 
第1回テーマコンテスト 「私を街へ連れてって」➡novel/7671340 に参戦中です。
  • 閲覧数655
  • いいね!30

投稿した作品

 

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。