ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「私の存在と、貴女の幸せ」 は「BLOOD+」「ハジ」等のタグがつけられた作品です。

放送当時かなりハマったBLOOD+。ひょんなことから朗読劇の存在を知って急遽観劇...

Melo

私の存在と、貴女の幸せ

Melo

2017年3月11日 01:34
放送当時かなりハマったBLOOD+。ひょんなことから朗読劇の存在を知って急遽観劇、再燃しました!もちろん続編小説も読みました。
昔も今もハジのファンで彼に幸せになってほしくてたまらない。
ハジは自分の存在は小夜にとって過去と罪の象徴でしかないと自覚してたんだと思う。すべてが終わってやっと、存在意義を見いだせたよ、というお話です。
  • 閲覧数769
  • いいね!37