フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「【CoCシナリオ】Rotten Apple」 は「CoCシナリオ100users入り」「シティ系シナリオ」等のタグがつけられた作品です。

作者:長庭零(Hotel・Monotone) PLレベル:★★★★☆KPレベル:...

Hotel・Monotone

【CoCシナリオ】Rotten Apple

Hotel・Monotone

2017年3月30日 09:59
作者:長庭零(Hotel・Monotone)

PLレベル:★★★★☆
KPレベル:★★★☆☆
ミステリレベル:★★★☆☆
ホラーレベル:★☆☆☆☆
PL人数:4人以上
HO:探偵PCが1人以上
想定プレイ時間:7〜10時間
概要:「探索&聞き込み」からの「推理&戦闘」。導入は強制的に二手に分かれる。オリジナル設定有り。
補足:レベル決めは、シナリオ作者の主観とテストプレイ時のPLの感想を基にしています。

 ニューヨークの夜を歩いていた探索者は、殺人事件を目撃する。それは、巷の人々の話題にのぼる『青少年連続殺人事件』の新たな犯行だった。
 同じ頃、別の探索者のもとに行方不明者の捜索依頼が来る。娘が居なくなったと言う富豪の夫人。探索者は彼女の依頼を受けることとなる。
 それぞれがそれぞれの事件を追ううちに、探索者らはある事実に気がつくが……。
 Who is "Rotten Apple"? Who is "the Sinner"?
 甘い果実に隠された謎を解き明かせ。
(【02.予告編】より引用)

 初めて書くシナリオです。クトゥルフもTRPG自体も未だ初心者なので、間違いを含んでいたり、おかしな点もあったりするかもしれません。その際は目を瞑って頂けたらと思います。
 ひたすらに「林檎」がテーマのシナリオです。欧米圏で「喉仏はアダムの林檎(Adam's apple)」と称することを聞いて思いついたのですが、気が付いたら大変な事になっていました。全体的に現代的要素を取り入れながらもゴシックミステリー・ダークファンタジーをイメージしました。導入が二手に分かれているのは、ミステリードラマの「主人公と相棒が別々の事件を追っていたら、ある場所でばったり出会う」という、よくあるシチュエーションからです。
 細部にネタを仕込む事が好きで、かつ、それを解き明かして貰うのが楽しみなので、伏線回収ガイドという訳分からんものを作ってしまっています。そもそも資料集ってこんなに大容量でしたっけ。必要性の感じない資料もありますが、お役に立てれば幸いです。
 オリジナル設定は、次にシナリオを書く際に詳しく扱おうかなと思っています。もしかしたらサプリメントにはこのオリジナル設定に該当するようなクリーチャー等が居るかもしれません。その際は、適当に改変してお使い下さい……。
 それから、元々物書きなせいか、描写がやたらめったら多いです。正直必要無いなと思った描写は省いて貰って構いません。
 ところで、このシナリオを作った際、PL参加予定の友人に「課題図書は?」と聞かれました。ちょっと待て、どんなシナリオ作ると思ったのですか。……確かに、林檎に関する寓話・神話・説話・童話の知識があると、楽しみやすいかな、と思います。
(〈あとがき〉より引用)

〈利用規約〉
・当シナリオを使用する際は、必ずシナリオ名と作者の表記をお願いします。作者は「長庭零」のみで構いません。
・当シナリオで遊ぶ際の改変・改造はお好きにして下さって構いません。
・当シナリオを自作であると発表する事、当シナリオを再配布する事は禁止です。また、当シナリオを改変・改造したシナリオを配布する事も禁止です。
・当シナリオの核心部分について、SNS公開アカウント・ネット掲示板等の、第三者が見る可能性がある場でのネタバレは禁止です。これは推理小説のネタバレが御法度である事と同様の理由です。適切な配慮をお願い致します。
・リプレイ小説やリプレイ動画の公開は、常識の範囲内でお願い致します。
・当シナリオの使用は自己責任でお願い致します。
・当シナリオ使用の報告は任意ですが、一報頂けると作者冥利に尽きます。

 利用規約を書くにあたり、クトゥルフ神話TRPGシナリオ作者様方の利用規約を参考にさせて頂きました。この場をお借りして、お礼を申し上げます。

〈追記記録〉
4/3 キャプションにシナリオ簡易概要を追加。
  • 閲覧数3680
  • いいね!199

 

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。