pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「くらげのあしあと」 は「オリジナル」「創作」等のタグがつけられた作品です。

ぼくたちの足跡だって、きっと残らないよ。海を、夏を、夜を、揺蕩う少年たちの三つの...

古月玲

くらげのあしあと

古月玲

2018年3月11日 16:18
ぼくたちの足跡だって、きっと残らないよ。

海を、夏を、夜を、揺蕩う少年たちの三つの会話「くらげのあしあと」
海底でひとり暮らす青年と、そこへやってきた同い年の青年のお話「鯨のあとに」

ひとりであること、誰かに手を伸ばすこと、その手を取ってみること――

試し読みは、「くらげのあしあと」ひとつめの会話です。

 
20171103(zine展inBeppu4)~頒布中(20180610(第2回静岡文学マルシェ)より第二版)
https://satellite1.booth.pm/items/690836
BOOTHのほか、架空ストアさんでも通販しています。https://store.retro-biz.com/i15625.html
  • 閲覧数53
  • いいね!1

投稿した作品