pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「Mainstreamers(英語表記&ビーマニ関連二次創作物語)」 は「ビーマニが激怒した、コナミ製の新彗星」「不謹慎表現注意」等のタグがつけられた作品です。

(注意!俺の言語力での都合上、記載されている内容は全て英語になっています!)(和...

Unknown

Mainstreamers(英語表記&ビーマニ関連二次創作物語)

Unknown

2018年6月8日 23:07
(注意!俺の言語力での都合上、記載されている内容は全て英語になっています!)
(和訳)舞台は2018年7月末日。ビーマニ特許である特許2922509号が失効し、ビーマニは混沌に飲み込まれたまま壊滅してしまう。そのビーマニキャラ達は生き延びる為に営業妨害を仕掛ける様になり、音ゲー業界はビーマニに対して悲しみと怒りを心に秘める様になった。
そんな日、沖縄で夏旅行を楽しんでいた、主人公であるアキトとその恋人であるバネッサが東京へ帰国しようとした時、何者かによってその彼らが載っていた旅客機がロケットランチャーで撃墜され、何十人の死者を出してしまった。
一応アキトとバネッサは生き延びたものの、その彼らが脱出していきなり目撃したのは、beatmaniaIIDXのGENOCIDEからやってきたKillerだった。彼はアキトが務めているゲーム会社であるエリシオンがビーマニに対する不謹慎な行動に怒りを買い、復讐の為に彼はビーマニキャラとしてアキト達をぶっ潰そうとした。
後にアキトはKillerを懲らしめるが、同時に彼はこのモラルに目覚めた:

生き延びたければ今回のカラミティーが終息するまで戦い続けなければならない

こうして、アキトがリーダーとして務める"Mainstreamers"という戦闘向け派遣社員クルーのメンバーである、ドウェル、ドウェイン、フレッド、バネッサとアキトは生き延びる為に営業妨害を仕掛けて来るビーマニキャラ達に立ち向かうと決めたのであった。

※悪口等の厳しい表現が色々有ります
  • 閲覧数318
  • いいね!0

投稿した作品